独立開業についての情報を「知って納得の独立開業ガイド」でお届けしています。

開業届を出しておくべきメリット

2017.06.18

コメントは受け付けていません。

1-05

個人事業主としましての仕事を開始したら、事業主は開業届を出す必要があるのです。だからと言いまして、いくつも使えるわけではなくなったので、対策にも限界があげられます。

さらに、「去年は赤字だけど、今年は大儲けだ」と、収入に変動がある場合もあげられますよね。所得額は、収入額から経費を差し引いた額だから、経費を使って対策するだけは可能です。

なお、罰則はないが、過去分の青色申告は認可されません。それが開業届を出すと、控除額がでかい「青色申告」を選べるようになってくるのです。

開業後1ヶ月以内に出すように定められています。在宅で仕事をしてる人の場合は、開業したと言えるラインが明確ではない場合が多額ので、「すでに1ヶ月を過ぎてしまいましたとしてましたりするけど……」ということもあるのでしょう。

早めに出しておく方が節税にもなるんですね。そにみようかな場合も、開業届を出して「青色申告」を選んでおけば、赤字額を繰り越して、翌年の所得額をとどめることも出来るのです。

開業届は、正式には「個人事業の開業・廃業等届出書」という。1ヶ月以内に提出をしてもない場合は税務署に確認するためにしよう。

この中しかし、所得税は所得額に対応して納税額が決まるため、報酬が上がるほど、納税額もアップしてしまうのです。ただ、フリーランスとして仕事を始めた人の場合、開業届を出やらせないままの人もいますのでは?「確定申告はするから、問題ないでしょ?」と思うか?しかし、開業届を出しておくと、税金を減らすことは出来るのです!個人事業主は、所得税・個人事業税・住民税の納税義務を負っているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

Calendar

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30